トリプルハイブリット構造

家づくりを考えるとき、素材や価格や間取りなど、考えるべきことはたくさんありますが、地震の多い日本で家を建てるからには、耐震性を無視することはできません。
フォレストブレスでは、独自の「トリプルハイブリット構造」を採用し、耐震性に優れた木の家を実現しています。

木の家では耐震性が不安?

家の耐震を考えるとき、「木造の家は地震に弱い」と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
しかし、木造だから地震に弱いということはありません。耐震には「固さ」だけではなく、揺れで左右上下の押し引きに対しての「粘り強さ」が必要と言われますが、同量の木と鉄を比較してみると(杉材の場合)木の圧縮時の強さは鉄の約2倍、引っぱり時の強さは約4倍もの強度があります。
また、実際に地震が起こった場合、建物にかかる負荷は建物そのものの重さに比例するため、日本のような地震の多い国では、重量が軽くて強度の強い木造住宅の方が、適しているとも言えます。

「トリプルハイブリッド構造」とは?

フォレストブレスでは、気候に合った国産材と、耐力性に優れた壁材モイス、そして伝統的な職人技術“貫工法”を組み合わせた「トリプルハイブリット構造」によって、高い耐震性を実現しています。工法や素材の工夫で、家はさらに粘り強く、強度を高めることができるのです。

地域で育った木材 土に還る壁材モイス 伝統的な木造貫工法
耐久性が高まる。同じ風土で育った木で建てる家

気候や風土に合った国産の木を使って家を建てることは、長持ちする家をつくる原点。四季の変化や湿度の高さなど、日本の気候で育ってきた木は、その環境の変化にも強いと言えます。フォレストブレスが標準的に使用する木材は、国産材の中でも耐久性が高く、なおかつ経済性にもやさしい木材を選択しています。
フォレストブレスでは板材を貼り合わせた木材、集成材を使いません。国産の無垢材、それも、時間をかけて作られた自然乾燥材、低中温の人工乾燥材にこだわっています。これらは木材の繊維をいためることなくゆっくりと乾燥されるため、高い強度と美しい色艶が損なわれず、家を強くする礎となります。
杉やヒノキだけでなく、木の特質を見て様々な木材を使用し、土台には栗、梁には松など木の“適材適所”を考慮しながら用いることもあります。

優れた耐力壁材「モイス」って何?

耐力壁材「モイス」は、地震や台風によって建物に生じる力を軽減してくれる耐力壁。一般敵な木造住宅で言うところの「筋交い(すじかい)」の代わりとなる建材です。地震による力が加わった場合、筋交いの場合は力が一点集中しますが、モイスの場合は面全体で分散して受けるため、繰り返しの余震にも備えることができます。建築基準法で定められた耐力壁の強さを表す「壁倍率」は、筋交いが2倍であるのに対して、モイス壁では3.8倍という耐力性を誇ります。
主成分は消石灰・珪砂・バーミキュライトなどの天然素材で、製造過程でも接着剤などの有機材料は使用されておらず、有害物質を一切含んでいません。
また、不燃性・透湿性・耐腐食性もあるため、耐震性だけでなく、快適で強い家をつくるために優れた壁材と言えます。

職人のワザ“ぬき工法”で粘りのある構造をつくる。

フォレストブレスの施工には、「貫工法(ぬきこうほう)」という伝統的な工法を用います。長い歴史の中で培われてきた、日本の気候風土に合った工法です。
貫工法では、柱と柱を貫(ぬき)とよばれる厚み15mm〜30mm、巾100mmほどの横木でつなぐことで、構造的にとても粘り強い家をつくることができます。筋交いなどの工法では、“建物自体の強さ”で揺れに耐えるのに対して、貫工法では“揺れに逆らわずに追従する”ことで地震の衝撃を吸収し、建物の倒壊を防ぎます。2003年には建築基準法でも貫工法の強さについての定義がなされ、その壁倍率は厚さ30mm、幅90mmの筋交いと同レベルと言われています。
お寺などでよく見られる工法ですが、現在はあまり使われないため、施工できる職人さんはあまり多くありません。家づくりに使う素材もさることながら、最終的に家を建てるのは職人さん。それはどんなに大手のハウスメーカーでも同じことです。フォレストブレスでは、技術・経験ともに信頼のおける職人さんに施工をご依頼しています。