断熱性能について

家の見た目がどんなにキレイでも、“夏は暑く、冬は寒い家”では、快適なくらしとは言えません。
夏にはより涼しく、冬はより暖かさを保つ、そんな快適な家にするには、
家の断熱性能をしっかりと保つことが大切です。
羊毛やセルロースファイバーなど、天然由来の断熱材を使って、高い断熱効果を実現します。

快適な家に“断熱”が必要なワケ

歩いているだけで汗が止まらないような暑い夏の日、家に帰ってくるとなんだか涼しくて気持ちがいい。冬にはすぐに家があたたまって、ずっとあたたかい。断熱性能の高い家なら、そんな快適な空間も実現できます。
断熱効果が高いということは、外からの熱がなかなか家の中に伝わらず、家の中の熱を逃さないということ。例えば夏には、クーラーのスイッチを切って出かけても、保冷効果が維持されて時間が経っても涼しいまま。冬には、温めた空気が逃げないため少し暖房を付けるだけあたたかさが持続します。クーラーや暖房も、断熱されていない家に比べて使う時間が少なくて住むので、省エネにもつながりますね。
もしこれが、しっかり断熱されていない家だったなら、外気の影響をもろに受けて、すぐに蒸し暑くなったり、暖気が逃げて寒くなったりしてしまいます。屋根、壁、天井、床など、家をすき間なく包み込むことで、断熱性能は高まります。

フォレストブレスは断熱にも“自然素材”を使っています。

近年の家づくりに使われる断熱材には「自然系」「プラスチック系」「鉱物系」など、様々な素材がありますが、フォレストブレスで主に使用しているのは「セルロースファイバー」と「羊毛断熱」。フォレストブレスは断熱材にも自然素材を使っています。
この二つの断熱材の大きな特徴は透湿性に優れていることです。鉱物系やプラスチック系の断熱材はその機能がないため、室内側にビニールを張り湿気が壁内に入らないように施工しなければなりません。この方法だと湿気の逃げ場がなく湿度のコントロールはエアコンに頼るしかありません。

フォレストブレスが扱う自然由来の断熱材
セルロースファイバー

新聞古紙からリサイクル生産される環境配慮型断熱材。様々な太さの繊維が絡み合って空気の層を作り、さらに繊維の1本1本の中にも自然の空気胞が存在するため、いっそう熱や音を伝えにくくしてくれます。さらに、パルプの成分のひとつ「セルロース」が湿気を吸放湿するため、調湿性も高い素材です。

羊毛断熱

羊の毛(ウール)から作られる調湿・消臭・吸音性がある優れた断熱材。製造時の環境負荷が少なくリサイクルや廃棄時にもやさしい。形状が柔軟で弾力性が高いため、断熱に致命的な“隙間”をつくりません。科学的にも優れた調湿性が証明されており、発がん性のあるホルムアルデヒドなど化学物質を吸着する性質もあります。

無垢材は断熱効果が高いってホント?

コンクリートの壁と木の壁を比べたときに、「コンクリートのほうが断熱効果が高いのでは?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
ですが実は、木の断熱効果はコンクリートの約12倍、鉄の約483倍と言われています。例えば、熱々のスープを飲むときに、金属のスプーンを使うことを想像してみてください。鉄のスプーンでは飲み口が熱すぎて口をつけられないことがあります。それにひきかえ木のスプーンを使えば、あまり熱さを感じないですよね。これは、木のほうが鉄よりも熱を伝えにくいから。木と鉄の“熱伝導率”の違いによるものです。家の断熱もこれと同じで、鉄よりもコンクリート、コンクリートよりも木のほうが、より熱を伝えづらい性質があります。

セルロースファイバーや無垢材や漆喰など、調湿効果のある自然素材で快適な家に。

日本はとても湿気が多い国。家の中を心地よい空間にするには、温度を快適に保つことに加えて「湿度」のことも考えたいものです。天然の無垢材や自然素材のシラス壁や珪藻土などは、湿度が高いときには湿気を吸収し、湿度が低いときには水分を放出する「調湿効果」があります。夏のじめじめした日も、カラカラに乾いた冬の日も、自然素材のやわらかな呼吸が空間をやさしく包み込んで、天然の空気清浄機のような働きをしてくれるのです。
また、調湿効果が高いことは、結露の発生を軽減することにもなるので、家を長持ちさせることにもつながります。

シラスの調湿効果を利用した浴室マット。