自然を感じて、季節を感じて、丁寧に暮らす家。

食べるもの、身に着けるもの、住む家。
どれも暮らすのになくてはならないもの。
あなたはどうやって選んでいますか。

それらはかつて、どれも“自然なもの”で作られていました。
でも、いつのまにか、工業製品や化学物質が増え、
今では大量生産の“自然ではないもの”が溢れています。

人は本来、自然から生まれ、だからこそ、自然と触れ合いながら、
春夏秋冬、移り行く四季の訪れを少しでも感じて、
丁寧に、丁寧に、くらしていくこと。

それがフォレストブレスの考える“ゆたかな暮らし”です。

たとえ大自然のなかで暮らすことができなくても、
家族の“叶えたいコト”をいっぱいにつめこんで、
ゆるく自然とつながりながら、生活できる家。

そんな暮らしができる家を、つくりたい。
それが、自然素材にこだわる、フォレストブレスの想いです。

フォレストブレス代表渡辺 勉