価格について

フォレストブレスは国産材を使った家づくりにこだわっています。なぜ、国産材にこだわるのか?フォレストブレスだからご提案できる、国産材を活かす家づくりについてご紹介しています。

木材のプロだからできること

フォレストブレスは、木材会社「渡辺木材」として、長いあいだ国産材と向き合ってきました。木の産地、樹種、それぞれの特徴などを見極めて、仕入れた木材を工務店様などにお届けする仕事です。フォレストブレスが国産材を使うことにこだわるのは、その素材の良さをずっと肌で感じてきたからかもしれません。家を建てる環境と同じ風土で育った木を使うことは、家の耐久性を高め、長持ちさせるための原点です。

家をつくる木材と聞くと「杉とヒノキ」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。もちろん杉とヒノキがポピュラーな樹種ですが、フォレストブレスの扱う木は、杉・ヒノキ・(カラ松)落葉松・サワラ・赤松・クリ・ケヤキ、など、多岐にわたります。産地も、特定の産地だけではなく、様々なところから仕入れています。玄関の縁には強度の高い栗の木を、造作扉には木目がキレイな杉板を、洗面室には吸湿効果の高いヒノキを。

木の性質を熟知しているからこそ、フォレストブレスは「〇〇産」にはこだわらずに、それぞれの特徴や性質を最大限活かせる適材適所を見極めて、家づくりに活かしています。

仕入れコストのカットで、国産無垢材をふんだんに使った家を建てる

国産無垢材の家と聞くと、どうしても「コストが高い」というイメージがありますよね。もちろん「品質が良いから」という理由もあるのですが、価格が下がらない一つの理由として「木材の流通ルート」があります。
通常、工務店などが木材を仕入れる場合には、木を伐採する業者、製材所やメーカー、木材問屋、材木店などが介在します。そのため、どうしても時間や人手がかかり、コストがかかりがち。しかし、フォレストブレスは「渡辺木材」として独自の仕入れルートを長年培ってきたため、通常の仕入れよりも安価に木材を仕入れることができます。

木材の価格は、強度や質だけでなく“見た目のキレイ”さにも大きく左右されます。節がなくて、まっすぐで、割れのない木のほうが、たしかに見た目はキレイですね。でも、木材の本質は見た目だけではありません。フォレストブレスでは、木の見た目よりも強度や質を大切にしています。目の届かない裏側に使う木であれば、見た目のキレイさは関係ないんです。

木のトレーサビリティも考えてみませんか?

野菜を買うときに、どこで作られた野菜なのか、どういった農法で育てられたのか、有機栽培か無農薬かを気にされる方はたくさんいらっしゃいますよね。でも、家を建てるのに使う木材の産地や処理方法を気にする人はあまり多くないように思います。実は木も、野菜と同じように産地や、木材になる工程の処理の仕方で品質が違います。同じ産地の木だからと言って、すべての木が良質な木材とは限りません。フォレストブレスでは、産地に囚われずに、“木そのものの品質”を見極めて、どういった工程で処理されているのか、信頼できる木を使っています。

例えば、木の乾燥方法。フォレストブレスでは、自然乾燥または低中温式の人工乾燥で乾燥させた木を選んで使っています。自然乾燥ではゆっくりと時間をかけて水分を抜くため、油分を残した粘り強い、艶のある木材になります。乾燥の工程でヒビが入ることがありますが強度に問題はなく、むしろこの“ヒビ割れ”が自然乾燥材の証。これに対して、高温式や高周波式の人工乾燥では急速に水分が蒸発するため、見た目上はヒビ割れが少なくても、まるで電子レンジで温められたかのように油分が少なくなり、艶のないくすんだ色になります。急速な高温乾燥に比べ、自然乾燥、低中温乾燥では手間も時間もかかりますが、安全で強い家を建てるには時間をかけて作られた木材が必要不可欠です。

木の乾燥とは?

山で伐採したばかりの木は水分を大量に含んでおり、立木の場合、含水率は150%もあります。実際に木材として使うためには約20%まで水分を抜く必要があり、これが「木の乾燥」です。乾燥の方法は「自然乾燥(天然乾燥)」と「人工乾燥」があり、人工乾燥にも低中温式、高温式、高周波式などいくつかの方法があります。

国産材を使うことは、森を守ることにもつながる。

「木を伐採する」と言うと、森林破壊なのでは?と心配される方がいらっしゃいます。たしかに、無計画な大量伐採は自然環境のサイクルがこわれてしまう大きな問題。ですが、しっかりと管理された山での伐採は、むしろ森を守ることにつながるということをご存知ですか?
日本の森林は、その約60%が人工林と言われています。人工林の管理をせずにほうっておくと、木が乱立して大地に日が当たらず、栄養が行き届かなくなって、最後には山全体が枯れてしまう恐れもあります。つまり、定期的に植林と伐採を繰り返すことは、森を豊かにするために必要なこと、というワケです。

いつからか日本では、本来使われるべき国産材ではなく、外国から輸入した木材をたくさん使うようになりました。

国内で伐採される木の多くが活用されずに伐採されているのが現状です。家づくりに国産材を使うことは、住む人の生活が豊かになるだけでなく、森の環境を守ることにもつながっているんですね。